キャッシングやカードローンに申し込みを行うと、申し込みの際に記入した職場に実際に勤めているのか確認をする為の在籍確認があるのが普通です。この在籍確認は、通常申し込みを行った業者のスタッフが職場に直接電話を掛けて行う仕組みになっています。ここまで聞くと、キャッシングやカードローンに申し込みを行ったのが職場にバレてしまいそうで心配になりますよね?実際に申し込みを行う際に、この在籍確認が不安という人も少なくありません。そこで在籍確認はどの様にして行われるのか、不安がある人にも分かりやすく紹介していきましょう。

電話で在籍確認する場合の一般的な流れ

在籍確認の電話は、金融業者のスタッフが個人名を名乗り行います。絶対に業者名で電話をいれる事はありません。つまり電話だけでお金を借りていると職場にバレたりしないという事です。在籍確認の流れとしては、スタッフが個人名で職場に電話、本人が電話に出る、本人だと確認する事が出来れば完了というシンプルな流れになります。電話口で何分も会話をしなければいけないという事もありませんし、話の内容から借金がバレてしまう様な質問もされる事はありません。

もし、本人が不在の時はどうなるのか?という疑問もあるかもしれませんが、その点も心配する必要はありません。本人が不在であっても、確かに在籍するという事が分かればそれで十分なのです。ですから、営業などで普段職場にいないというケースでも、在籍確認に支障はありません。

在籍確認の電話をスムーズに行うためには

例えば、自分が電話を受けられる様にしたいと思えば、相談をする事で電話を掛ける時間帯を指定することも可能です。また、個人名の指定をするなどなるべく利用者の希望に沿ってくれるので在籍確認がスムーズに行える様に調整しておきましょう。

電話以外で在籍確認をする方法はあるの?

大抵の業者では在籍確認は、電話で行っていますが中には電話による在籍確認がない業者もあります。大手で在籍確認の電話なしと明確に表記しているのは、モビットのみとなっています。ですが、どうしても電話による在籍確認はしたくないという人は、業者に直接相談をしてみましょう。その他の大手の業者でも、担当者の采配にもよりますが、電話以外の方法で在籍確認を行ってくれる事もあるのです。

電話以外で在籍確認をしてくれる場合は、在籍を証明する事の出来る書類が必要になります。例えば直近の給与明細などが電話の代わりに必要となるでしょう。もし、職場に電話が掛かってくると怪しまれてしまう様な場合には、電話以外の在籍確認を行ってくれる業者を選ぶか業者に相談をしてみてくださいね。 

在籍確認の電話で職場にバレる心配はなし!

このように在籍確認の電話によって職場に借金の申し込みがバレる心配をする必要はありません。個人名で連絡が入りますし、時間帯などの相談も可能です。更にそれでもどうしても電話を避けたいというのなら、電話以外で在籍確認をして貰うという手段もあります。これまで在籍確認がネックでキャッシングやカードローンの利用を避けていたという方も、安心して申し込みをしてみてくださいね。