imasia_4718039_XL

一般的には在籍確認が必要です

カードローンやクレジットカードの契約をする場合、申込書に記入した会社に本当に所属しているか確認する作業が「在籍確認」です。金融機関は信用情報を確認することができますが、信用情報にはその人が所属している会社については記入されていません。

在籍確認は所得を裏付ける作業でもあり、確認が取れないと申込書に記入した年収も本物なのかどうかわからないのです。一般的には確認が取れないと審査を進めることができません。

特に銀行系のカードローンの場合は在籍確認を逃れることが困難ですので、会社に確認の電話が入ります。金融機関にもよりますが、担当者名でかけてきてくれるところもあります。

その場合電話に出た会社の人は、どのような用件なのか推測することはできません。また、本人が不在の間でも所属がわかれば確認作業は完了します。

プロミスの場合は代替書類でも可能です。

プロミスは消費者金融の中でも大手で、審査にノウハウがあります。そのため申込者の希望に応じて柔軟に対応することができます。

プロミスでは給料明細や会社が発行している保険証でも在籍確認の代わりとして利用することができます。限度額50万円までのキャッシングであれば収入証明も不要です。

審査のコツを押さえていれば、1時間以内に契約をしてお金を借りることも可能でしょう。キャッシングをする場合はカードが必要となりますが、三井住友銀行やプロミスに設置されている自動契約機を利用すると、郵送に頼らず即日でカードを手に入れることができます。

契約が完了すればすぐに利用することができますので、急ぎでお金が必要なときにも対応できます。50万円以上の限度額を希望する場合は確定申告書や給料明細を提出する必要があります。

審査のコツは最初は小さい限度額から

特にまとまった金額でキャッシングをする必要がない場合、最初は最低限の小さい金額を希望すると良いでしょう。消費者金融の多くは利用実績に応じて比較的簡単に限度額の増額に応じてくれます。最初は取引実績がないため限度額が大きいと審査も厳しくなってしまいます。

まずは付き合いを始める目的として、契約しやすい小さい限度額から始めると審査に通りやすくなります。キャッシングの契約はコツを掴めばわりとスムーズに契約ができるようになります。

どこで借り入れをする場合でも、申し込み、仮審査、融資可能かどうかの連絡、本審査、契約、カードの発行という手順を踏みます。金利や契約までのスピードは違うものの、やり方はどこの会社でもほぼ変わりません。

ただしカードローンは小さい枠のものをたくさん持つより、大口のカードを持っていたほうが金利面では有利となります。