imasia_9993002_XL

キャッシングを申し込む時の在籍確認について

長い人生のなかには、急にまとまったお金が必要になることがあります。
普段から貯金をしっかりしていればいいですが、なかなか貯金ができないという人もいます。
どうしてもお金が必要な時は、他人に頭を下げて借金をするより金融業者からキャッシングする方がいいでしょう。

今は店舗まで行かなくても、パソコンやスマホから簡単に申込めるのでとても便利です。
金融業者によって審査方法も違いますが、ほとんどの金融業者では勤務先に電話で確認する在籍確認があります。

これは申込み用紙に書かれた勤務先に本当に働いているか、電話で確認するものです。
勤務先に金融業者から電話がかかってくると、職場の人たちにキャッシングすることが知られると不安になる人もいますが、金融業者のなかのは電話での確認をなしにする所もあります。

キャッシング審査で在籍確認を逃れる方法

キャッシングは限度額以内なら、返済の途中でも何度でも借入ができるのでとても人気があります。
キャッシングカードさえ作っておけば、コンビニのATMから真夜中でもお金を借りれるので、若い人も利用している人が多くなりました。
キャッシングの申込みをすると、職場に在籍確認の電話がかかってくるのが嫌だという人もいます。
電話では金融業者の名前をだすことはないので、お金を借りることが職場の人に知られる心配はいりません。

それでも職場に知らない人から電話がかかってくるのが嫌だという人は、電話での在籍確認を逃れる方法があります。
その方法とは、社員証や給与明細書などを提出して、本当に働いていることを証明することです。
すべての金融業者にあてはまるわけではないので、担当者に相談してみるといいでしょう。

プロミスで在籍確認審査を逃れる方法

病気や冠婚葬祭などで急にまとまったお金が必要になることもあります。
急いでいる場合は、知り合いにお金を借りにいく時間がないので、金融業者からキャッシングするといいでしょう。

金融機関や貸金業者からキャッシングする場合は、申し込めば誰でも融資を受けられるわけではなく審査というものがあります。

その審査内容は金融業者によって違いますが、ほとんどの金融業者で電話での在籍確認があります。
プロミスでも在籍確認はありますが、プロミスの名前は出さずに、担当者の個人名で電話をかけるので、職場の人にキャッシングが知られる心配はしなくていいです。

どうしても職場に電話をかけて欲しくないならば、プロミスの担当者に電話以外で確認して欲しいというといいでしょう。

給与明細書や会社の健康保険証を提出することで、職場で働いていることを証明できます。